@niftyレンタル掲示板

掲示板の使い方

平成25年 4月7日 例会報告

  • 今日も6ゾロ
  • 2013/04/08 06:42

昨日は4人+1人顔見せの5人が参加。
2卓立ちました。

MGMG(MMP)
サッポロ辺境伯さん(ドイツ)−HIROさん(連合軍)

戦闘指揮官(AH)
シナリオ1 親衛赤軍の反撃
TNさん(ソ連)−6ゾロ(ドイツ)

ASL−SK(MMP)
シナリオS1
TNさん(アメリカ)−6ゾロ(ドイツ)

また、舞方さんが戦闘指揮官の噂を聞きつけて急遽来場されました。

写真を貼っておくので、各自詳細報告をお願いします。

  • コメント

コメント

    • 1.今日も6ゾロ
    • 2013/04/08 06:43

    MGMG全景

    • 削除
    • コメント
    • 2.今日も6ゾロ
    • 2013/04/08 06:44

    MGMG アルンヘム
    まだまだ元気なレッドデビル。

    • 削除
    • コメント
    • 3.今日も6ゾロ
    • 2013/04/08 06:45

    戦闘指揮官
    30年ぶりの日の目。

    • 削除
    • コメント
    • 4.今日も6ゾロ
    • 2013/04/08 06:48

    ASL−SK
    シナリオ1の興奮度勝負ではSLに軍配が上がる。SKのシナリオ1も面白いが、入門用としてはやや細かすぎる面白さだ。SKだとシナリオ2の方が興奮度は高い・・・スターリングラードだからか?

    • 削除
    • コメント
    • 5.TN
    • 2013/04/08 19:12

    >>4 >>3
    今日も6ゾロ会長とSLのシナリオ1でソ連側、ASL-SK(!)のシナリオS1で米軍側を担当して対戦しました。初対戦です。

    20年以上前の記憶を掘り起こしたSLシナリオ1は親衛赤軍の奮闘も、最終ターン独軍の華麗な移動に防御射撃の兵力が足りず、詰み。

    午後はASL-SKの指導対局。SLとの違いを中心にレクチャーの後、対戦。平地をうまく抜けなければならない米軍の移動が重要なシナリオでしたが、なかなか難しく、最終ターンの白兵戦を待たずに終了。

    それでもASLは移動のゲームという意味が少しだけわかったような気がします。また機会があれば対戦をお願いします。

    • 削除
    • コメント
    • 7.HIRO
    • 2013/04/12 22:00

    7日は札幌辺境伯さんと、MGMGを対戦しました。
    その戦況を書いてみます。

    9月17日、連合軍の空挺降下はかなり上手くいき、アルンヘムに3個大隊が突入します。
    また、30軍団も順調に橋を奪取しアイントホーフェンを占領したところで17日は終了。

    18日、第1空挺師団の増援降下も成功でしたが、4インパルスでこの日は終了。
    両軍中途半端でしたが、ドイツの増援部隊が展開できなかった方が痛そうでした。

    このあたりはお互いの駆け引きと、インパルス数がランダムな所の魅力でしょう。

    19日の天候は晴れ。30軍団がマース河を渡り、ナイメーヘンに肉薄します。
    レッドデビルはドイツの反撃を跳ね返します(ドイツは浸透や攻撃のサイの目がやや振るいませんでた)。
    ポーランド旅団も降下し意地を見せます。

    20日の天候も晴れ。連合軍はナイメーヘンの橋を奪取し渡河します。アルンヘムも保持したままです。
    ここで終了となりました。VPは11でした。

    今回2回目のプレイでルールや戦術かなりが理解できました。
    10年前購入したとき、「4ターンしかなくて何だかな」とやらずじまいだったのが惜しいゲームです。
    他の方も言っておられるように、自分の思うとおりにならないターン構成とお互いの駆け引きが非常にいい感じです。
    このゲームの魅力を教えてくれた、6ゾロ会長と札幌辺境伯さんに感謝です。

    • 削除
    • コメント
    • 8.サッポロ辺境伯
    • 2013/04/14 13:26


     過ぎし7日(日)はHIROさんと、『Monty's Gamble:Market-Garden』(MMP)を決着まで楽しむ事が出来ました。隣りの卓では《強襲》に精通なさった会長と英語に堪能なTNさんとが闘っておられ、また観戦武官には舞方さんもいらっしゃり、大変恵まれた環境下での対戦でした☆

     さて、戦闘の経緯はHIROさんが御紹介の通りでして、一見してはドイツ軍の賽目(防空や橋の爆破)が振るわない傾向にありました。が、それを言い訳には出来ません!システムへ精通した上でのルール駆使に、まだまだ足りない自分を痛感しました。
     傲慢な上司の発する言葉で、私の一番嫌いなものに「こいつら、ホント使えねぇな」が有ります。期待に応えてくれない前線への苛立ちが有るにしても、それを言っちゃ〜司令官が己の指揮能力の不足を自ら証左してしまったのと変わりません。「使えねぇ」のではなく、「(あなたが)使えていない」のです。
     賽目が渋い局面でも、それをカバーする采配が必ず存在するものです。そして競技の進むにつれ、やはり賽目は“平等”である事を認めなければなりません。ダイス勝負なゲームとして想像され勝ちですが、しかし「自分の思うとおりにならない」賽目よりも、実は「お互いの駆け引き」での見落としの方が、はるかに致命的である事に一般なのがMGMGなのです。

     昨年は『No Peace without Spain !』(Compass)にハマり、どうやら今年は当MGMGの予感が・・・。ウォーゲームと呼ばれるホビーの奈辺に自身は魅了されるのか、とても良く自覚できて本当に嬉しいです。会長とHIROさんへは感謝感謝の気持ちで一杯です。
     そしてMGMGの「魅力」へ更に1つ加えたいのが、何度でも対戦を繰り返せるデザインとなっている点です。初期配置と競技模様に多彩でありながら、それでいて定まった勝利条件へと両プレイヤーを収斂させる見事さ!「4ターンしかなくて」この面白さなのですから、もうもう素晴らしい一言に尽きるばかりです。いつでも、どこでも、再戦ウェルカムであります◎

    • 削除
    • コメント